ビタミン注射・プラセンタ

ビタミン注射(自由診療・保険外診療)

疲労・倦怠感に有効な保険治療というのはあまりなく、多くのクリニックにてニンニク注射とよばれるビタミン注射が疲労回復に使用されています。
当院でも、自由診療(保険外診療)になりますが、以下のような治療を用意しています。

ビタミン注射2,000円
初回診察料1,000円 (当院初診の場合)

ビタミン注射は次のようなあなたに有効です。

  • 疲れがたまっていても、大事な仕事があり休めない方
  • よく寝ているのに全然疲れがとれない方
  • だるさがなかなか抜けない方
  • 夏バテによる体力減退ぎみの方
  • 風邪をよくひく方やなかなか体調が元に戻らない方
  • 二日酔いの方や肝臓が弱っている方

ビタミン注射の主成分はビタミンBです。

ビタミンB1などが主成分で、このビタミンB1の構成成分がにんにく臭のすることから、にんにく注射と呼ばれています。
ビタミンBが注射することによって血液に乗ってまんべんなく全身にいきわたり、血行も良くなって新陳代謝が高まり、残った疲労物質を洗い流してくれます。アルコールの分解にもビタミンBが必要なため、二日酔いの改善にも効果があります。
ビタミン注射は、慢性疲労、倦怠感回復に有効で、即効性があります。またビタミンB1は美しさや健康を保つ上で非常に重要な役割を果たしています。
ビタミンCは免疫力を高め、風邪などの予防に役立つともいわれています。美肌効果もあるといわれています。

ビタミン注射は大きな副作用はありません。

ビタミンBは水溶性のため取りすぎたり、体内に蓄積することがなく副作用はありません。
逆にいうとすぐに体外に排泄されやすいので定期的に十分補充しておく必要があります。
ちなみに息や汗がニンニク臭くなることもありません。安心してください。

にんにく注射回数の目安は、1週間に2~3回程度

定期的に注射する場合は1週間に2~3回程度をお勧めします。
また、プラセンタと合わせて注射するとより効果的です。

プラセンタ注射

基本的に自由診療(保険外診療)となります。

プラセンタ注射1,500円
初回診察料1,000円 (当院初診の場合)

当院で使用するプラセンタは、人間の胎盤を原料とした人プラセンタ製剤で正式な医薬品です。「ラエンネック」・「メルスモン」を使用します。プラセンタとは英語で胎盤という意味で、赤ちゃんの成長に必要な蛋白質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

プラセンタは、ヒト由来製剤になりますので、この治療を受けられる方は、日本赤十字社の献血事業において献血をすることが出来ません。

プラセンタ注射は以下のようなあなたに有効です

  • アンチエイジング
  • 疲労回復
  • 美肌効果
  • 更年期障害
  • 肩こり・腰痛緩和

はじめの6週間は週1回のペースで、その後は月に2回くらいのペースで。
まずは、3ヶ月をお勧めしております。

文字サイズ