かかりつけ医として

当クリニックは、『リウマチ膠原病のかかりつけ医』です。

現在、医療連携が進み、大学病院や総合病院は高度先進医療、救急医療、入院診療を行い、外来診療は開業医が担う機能分担が進んできています。そのため『かかりつけ医』を持つことがすすめられています。

しかし、リウマチ膠原病という特殊な疾患を持っている患者さんは一般的な『かかりつけ医』では不安に感じるかもしれません。

そこで我々は、リウマチ膠原病の専門的な診療を提供しつつ、同時にそういった患者さん のかかりつけ医になるべく開業いたしました。

その役割は3つです

1.リウマチ膠原病の専門的な診療を行います。

採血検査は院内で約30分で診察前に結果を出すことができます。超音波検査、CT検査、内視鏡検査は当院から徒歩5分の医師会検診センターと連携しており、リウマチ膠原病に必要な検査を行うことが可能です。
つまり大学病院や総合病院と同様の診療を行うことが可能です。

2.リウマチ膠原病のかかりつけ医として、リウマチ膠原病以外の一般的な内科診療を行います。

リウマチ膠原病は、一般の同年齢の方に比較して、脳梗塞・心筋梗塞の発症が多く、きちんと生活習慣病の管理をしていく必要があります。また、感染症に対する予防や早めの対処をしていく必要があります。

3.受診したほうがいいかどうか迷う時のために

専門クリニックのためかならずしも皆さんの近医というわけではないと思います。そんな時のために電話で相談に応じます。(ただし開院時間内に限ります。)
看護師との相談のみは無料です。医師との相談は次回受診時に電話等再診料(保険診療)をいただくことがあります。

当クリニックかかりつけの皆さんへのサービス

また、かかりつけ医としての機能強化のため以下のサービスを行っています。
ご希望の方は気軽にご相談ください。

1.有用、有益と証明されている予防医療の案内(看護師、無料)(特に50歳以上の方)

あなたが受けた方がよいと思われる予防接種、がん検診、検診そのほかについて、その効果とその方法を説明します。
年に1回の受診をお勧めします。

2.あなたに合った運動のすすめ(運動インストラクター、有料)

運動習慣はすべての人に勧められますが、実際運動習慣を持っているのは全体の1〜2割です。あなたに合った運動をお勧めします。また当院でも運動インストラクターの指導のもと運動を行うことも可能です。

文字サイズ